メニュー

手足口病①

[2019.06.20]

こんにちは。千葉駅すばるクリニックです。

花粉症が終わり、梅雨に入ると患者様の来院数はかなり落ち着いてきます。

しかし、患者様の来院数が減ってくると同時に、耳の詰まりの症状や感染症などの患者様が増えてくる傾向にあります。

 

千葉市の感染症情報センターによると現在「手足口病」の注意報が出ています。

過去10年で最も流行しているようです。

 

手足口病はウイルス性疾患です。

手や足裏、膝裏、口の周りなどへの発疹や発熱が初期症状です。

第二段階として口内への発疹が始まります。

※ただし、すべての症状が出るわけではない。

 

手足口病に対する特別な治療は確立していないので、

症状を和らげる対症療法が中心となります。

ただし、当院は耳鼻咽喉科なので治療を行うには適していないかもしれません。

早めにお近くの内科や皮膚科、小児科におかかりください。

当院の近くに系列の総合クリニックがあり、そちらなら診ることができる医師がおります。

 

手足口病はワクチンがないので、手洗いうがいをして、感染予防に努めましょう。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME