メニュー

手足口病②

[2019.06.21]

こんにちは。千葉駅すばるクリニックです。

梅雨に入りましたが、そこまで雨が降っていないように感じるのは私だけでしょうか?

カラ梅雨も困りますが、個人的には休みの日に外出しやすくなるので有難いなと感じています。

 

さて、手足口病に関してですが、

ウイルスの潜伏期間は3~5日と言われています。

そこから発症すると発疹が出てくるというわけです。

 

このウイルスに対する特別な治療薬はなく、対症療法(症状を和らげる治療)が中心となります。

 

お子さんの場合、登園基準は以下の通りです。

「発熱や口腔内の水疱・潰瘍の影響がなく、普段の食事がとれる」ことです。

また、手足口病と診断されている場合、登園許可証も必要となってきます。

 

千葉県内では過去10年で一番手足口病の流行ペースが速いようで、既に注意報が発令されております。 

手足口病が疑われる場合は早めにお近くの内科や小児科に受診することをオススメ致します。

耳鼻科のブログで申し訳ないですが、この場合は当院の受診は妥当ではないと考えます。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME